お墓を建てる

お墓を建てる	お墓を建てる場所・種類

墓石を建てる上でひつようなことは、お墓を建てる土地と墓石の2点です。
土地は永代使用料を払い、代が途絶えるまで使用する権利を買います。
墓石は石の種類、使用する石の量、デザイン等で決まります。

お墓を建てる場所

寺院

寺院にはそれぞれ宗派があり、お客様の宗派と同じ寺院を選びます。
寺院によっては、それまでの宗派を問わない寺院も増えてきています。(檀家になる時に宗派を変えればOK)
寺院にお墓を建てるためには、檀家になる必要があります。檀家になると毎月命日にお寺でご供養をしてくださいます。
また、お寺ならではの行き届いた管理も魅力です。

公営霊園

公営霊園とは地方自治体(都・県・市・町)が管理運営している墓所のことで、安心感からくる人気は高い。宗教・宗派は問わないが有骨者のみの受付や居住年数による申込制限があったりし、無縁墓を更地にして開放しているが残区画数が稀少。総じて大きな区画が主体で場所も選べず抽選が多い。東京をはじめ都心部では抽選倍率も高くなかなか当たらない。

民間霊園

民間霊園と呼ばれる霊園は、経営主体(土地の所有者)が宗教法人もしくは公益法人となっており、宗教・宗派・国籍不問の場合が多く寿陵(生前購入)もできる。区画の大きさも予算に合わせて自由に選べる霊園が民間霊園です。

墓石の種類

  • 和型
  • 昔ながらの一般的な形です。
    寺院墓地では、今でも和型が好まれる傾向があります。

    完成例はこちら

  • 洋型
  • 昨今増えてきた形です。和型に比べて、正面に彫る文字にオリジナリティーが出しやすく、重心も和型に比べると低いため耐震上優れています。

    完成例はこちら

  • デザイン型
  • 墓石の形状・デザインや彫刻イラスト、墓石の彫刻書体など、お客様のご希望に合わせたオリジナルデザインのお墓をお作りすることが可能です。

    完成例はこちら