【担当日誌】寺院様お手伝い

2020/03/06

お知らせ一覧

【担当日誌】寺院様お手伝い

暖冬だったこの冬、気象庁が発表した去年12月から先月までのこの冬の天候まとめによりますと、平均気温は東日本で平年を2.2度、西日本で平年を2度上回りいずれも統計を取り始めてから最も高くなったそうです。

この暖かさで花粉が飛びやすくなるため、花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

昭和9年創業の株式会社水口(石の水口)です。

2020年2月29日 東京都目黒区にあります松林山大圓寺にて催されました

「行人坂大火250年忌供養 五百羅漢石仏群 万燈会」

ありがたいことにお手伝いをさせていただく貴重な機会をいただきました。

石の水口では、寺院石材店として出入りさせて頂いている寺院様の各種行事のお手伝いを積極的に行っており、昭和9年創業以来の弊社の変わらぬ姿勢であります。

明和9年(1772)寺より火を発し、江戸市中628町に延焼した。振袖火事、車町火事と並ぶ江戸三大火事の一つになり、行人坂火事として安永元年と年号も改められた。門を入った左手にある五百羅漢の石像(都有形)は、この大火の犠牲者供養のために当時につくられたものと伝える。(天台宗東京教区の公式サイトより抜粋)

来年が行人坂大火250年忌にあたりますが、2月29日に出火したことから、今年の閏年に万燈会供養大法要が行われたそうです。

昨今の各種イベントの自粛ムードのなか、一部内容に変更があったものの

参加されたお客様は、キャンドルの幻想的な雰囲気で非日常を感じられていたのではないかと思います。

次回は来年になります。是非皆様には足を運んでいただきたいと思います。

石の水口では、松林山大圓寺指定石材店として、墓地のご案内だけでなく、

お墓に関する疑問やお悩みメンテナンスお墓の改修について、お墓の「継承者」に関するお悩みなどをお聞きし、解決方法のご提案や、アドバイスをさせて頂いております。

どんなことでも結構ですのでお気軽にお問合せくださいませ。

石の水口では、お墓の無料点検も随時承ります。

日ごろのお墓参りに行かれた際に、お墓の外観上の変化にお気づきになられる事が多くあるかと思います。

塔婆建てが倒れてしまっている、墓碑(墓誌)が倒れてしまっている・傾いている、香炉(線香置き)に亀裂が入ってしまっている等など…。

実は外観上だけでなく、お墓のプロである我々石屋目線でお墓の点検を行うと、問題が出ていることが多くあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

ご依頼の際には、「お墓の点検希望!」とお伝えください。

◆―――――――――――――――――――――――――――――◇

     昭和9年創業(石の水口)株 式 会 社 水 口

本社 :〒210-0837 川崎市川崎区渡田3-2-16

藤崎事業所:〒210-0804 川崎市川崎区藤崎4-8-11

品川営業所(品川区)、砂子営業所(川崎区)、下溝営業所(相模原市)

フリーダイヤル:0120-14-3748(首都圏のみ)

TEL(代表):044-333-5678 FAX:044-333-7997

E-mail: eien@mizuguchi.co.jp URL:https://www.mizuguchi.co.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――◆

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP