【担当日誌】お墓のメンテナンスについて(花立て交換:落とし込み加工)

2019/11/30

お知らせ一覧

【担当日誌】お墓のメンテナンスについて(花立て交換:落とし込み加工)

施工部の髙桑です。

朝夕の寒さが身にしみるころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、お墓のメンテナンス、お花立ての交換についてお話しさせていただければと思います。

 

お墓で工事をしている際にお声掛けいただくことでよくあるご質問(花立てについて)を紹介させていただきます。

  
・花立てがねじ式のもので、回らなくなってしまった。
・片方の花立てが折れてしまってお花を上げられなくなった。
・水が多く入るような花立てはないのか。
・ねじ式なのでお水の交換・掃除が大変

 

以上のようなご質問を受けることがございます。

 

ネジ式のものが回らないことや、折れてしまうことはよくある問題で、合金製やプラスチック製のものになると長年の劣化により折れてしまうことがあります。

 

弊社では合金製やプラスチック製のものからサビや劣化に強いステンレス製のねじ式に交換すること、また、ネジ式のものより水が多く入り、水の交換・花筒のお手入れが簡単な落とし込み式の物へ交換することをお勧めさせていただいております。

花立ての落とし込み加工は、加工するために一度お墓から引き下げる必要がありますが、引き下げてから2週間ほどで再度設置させていただいております。

 


寒い日のお花の水交換やお墓のお掃除は大変なことだと思いますが、花立ての交換に加え、お墓のクリーニング、カロート内(納骨室)整備等お墓参りをより快適に行うための各種メンテナンスを行わせていただいております。

 


年末、新年に向けてご家族でお墓参りすることがあると思いますが、弊社ではお墓の無料点検の実施をさせていただいておりますので、お参りの際に何か気になる点、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP