【担当日誌】お墓の改修(リフォーム)について

2019/09/28

お知らせ一覧

【担当日誌】お墓の改修(リフォーム)について

施工部の髙桑です。

暑さ寒さも彼岸までと言われておりますが、その通りだんだんと秋の陽気に近づきつつあります。

今年は例年より1か月も梅雨明けが遅くなり、その分お彼岸まで暑い日が続きましたが、何とか厳しい夏を切り抜けることができました。
皆様はいかがでしたでしょうか。

 

今回は、お墓の改修(リフォーム)について少し書かせていただきます。
最近よく改修工事であるのですが、元々お墓の土台(外柵)が繋がっていた墓所の半分を切り離して、片方の土台を直すといったケースが増えてきています。

 

これは、元々親戚同士で一緒に土台を建てて、納骨室(カロート)を中で仕切って建てた場合と、区画整備の際に先に土台をまとめて建ててその場所を購入された場合等があります。
大体は親戚同士で建てたというケースが多いのですが、昔は親戚同士の付き合いがあったものの最近は付き合いがあまりないといった場合に、直す際に一緒には直さず片方だけ切り離して直すということで改修させていただくことが増えてきています。

 

作業内容は、まず切り離す際には納骨室に仕切りがあるか確認し、仕切りがあれば残して石材用のカッター等を使用し切り離していきます。
仕切りがない場合には、切り離しの作業を終えた後、新しくコンクリートブロックなどを使用して仕切りを作ります。

切り離しの作業を行う際には、隣のお墓や周りのお墓を傷つけないよう、しっかりと養生をして慎重に石材用のカッターを使用して作業を進めます。

切り離した石の断面はきれいに整え、モルタル等を使用し補修も行います。

 

その後、基礎工事を行い、新しく御影石を使用した土台を据え付けていき、お石塔を据え付けて完成となります。

 

今回お話しさせていただいたケースと同様の墓所をお持ちで改修等を考えているがどうしたらいいか分からないという方は多いかと思いますが、弊社では元々建っているお墓を傷つけることなく、安心・安全に作業を行わせていただいておりますので、一度お問い合わせ頂ければ幸いです。

 

今回は、お墓の改修(土台の切り離し)についてお話しさせていただきましたが、改修の他、新規墓所の建立、お墓のメンテナンス(免震、墓所クリーニング、カロート内整備等)、お墓の無料点検等行わせていただいておりますので、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP