【担当日誌】お墓の湿気とカビについて

2020/05/16

お知らせ一覧

【担当日誌】お墓の湿気とカビについて

施工部業務課の大矢です。

始めに新型コロナウィルス(COVID-19)による肺炎に罹患された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

COVID-19を起因とした緊急事態宣言ですが、14日の政府会合にて39府県に関しては解除されました。

しかし、弊社の所在する神奈川県に関しては、現在も緊急事態宣言の対象となっており、引き続き弊社では拡大防止対策に取り組んでまいります。

皆様にはご不便ご迷惑をお掛け致しますが、1日も早い収束に向けて、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

例年と異なる状況が続いている一方で、今年も5月半ばとなり奄美地方や沖縄県では梅雨入りが発表されました。

昨年は西日本で記録的な遅さでしたが、例年通りなら来月の今頃には本州の全域も梅雨入りしているものと考えられます。

これからの時期に気を付けなければならない物の1つとして「カビ」の発生があると思います。

カビの胞子の吸引によるアレルギー疾患、人体への付着による水虫等の感染症、誤飲による肝臓障害等と人体への悪影響を挙げたらきりがありません。

そんな日常生活の大敵であるカビですが、ご遺骨様にも発生してしまう恐れがあります。

現在の日本では、殆どのご遺骨様は火葬場にて800℃以上の高温で焼かれる為、納骨当初のご遺骨はカビが発生する状態にはありません。

しかし、年月の経過と共に骨壺内に湿気や水が溜まってしまい、その結果ご遺骨様にカビが発生してしまうのです。

骨壺内に湿気や水が溜まってしまう原因としては、経年劣化や構造上の問題によってお墓の中に水が上がってきてしまう、同様の問題によって雨水が入ってきてしまう、お墓内に空気の抜け道が無いことで湿気が溜まってしまうといったものが挙げられます。

お墓の湿気とカビについて_a0278975_13301014.jpg

上の写真は、骨壺内の写真になります。

こちらの骨壺は、外見はかなり綺麗だったのですが、湿気によって水がかなり溜まってしまっていたようで、中央付近のご遺骨様にはカビが発生してしまっております。

骨壺内でカビが発生してしまうと、密閉空間である骨壺内全体がカビだらけになってしまう恐れもあります。

弊社の洗骨では、超音波洗浄とUV殺菌及びお骨内の湿気の除去によって、ご遺骨様に元の清潔な状態になっていただけます。

また、このようなカビの発生や蔓延を避けるためには、お墓の定期的な状態確認が最も重要です。

弊社では、お墓の無料点検を行わせて頂いておりますので、お墓やご遺骨様に関して少しでも不安や悩みをお抱えの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください。

◆―――――――――――――――――――――――――――――◇

     昭和9年創業(石の水口)株 式 会 社 水 口

本社 :〒210-0837 川崎市川崎区渡田3-2-16

藤崎事業所:〒210-0804 川崎市川崎区藤崎4-8-11

品川営業所(品川区)、砂子営業所(川崎区)、下溝営業所(相模原市)

フリーダイヤル:0120-14-3748(首都圏のみ)

TEL(代表):044-333-5678 FAX:044-333-7997
E-mail:  URL:https://www.mizuguchi.co.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――◆

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP