【担当日誌】お彼岸について

2019/09/18

お知らせ一覧

【担当日誌】お彼岸について

 

株式会社水口です。

 

9月も半ばを過ぎ、20日からお彼岸が始まります。お彼岸とは、年に2回あり、先祖の世界を「彼岸」、私たちの世界を「此岸」といい、煩悩と迷いの世界「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達する為の修業の期間といわれ、春分の日と秋分の日の前後3日を合わせた7日間のことです。

春分の日・秋分の日を「中日」といい、中日は先祖への感謝をする日とされています。

他の6日間は、悟りの世界に到達するのに必要な6つの徳目、「六波羅密」を1つずつ修める日とされています。

 

「六波羅密」とは、

「檀(だん)・戒(かい)・忍(にん)・進(しん)・禅(ぜん)・慧(え)」

布施波羅密・・見返りを求めない施しのこと。

持戒波羅密・・自分に対しての戒めのこと。

忍辱波羅密・・耐え忍ぶこと。

精進波羅密・・努力を怠らないこと。

禅定波羅密・・穏やかな心でいること。

智慧波羅密・・知恵を得ること。(上の5つの修業を行うことで得ることができる)

 

話しは変わりますが、お彼岸のお供えものといえば、春彼岸は「牡丹餅」秋彼岸は「おはぎ」ですね。

実は同じものです。

あんこの種類が(つぶあん)と(こしあん)の違いはありますが、それぞれ季節の花「牡丹」と「萩」にちなむものです。

季節によって呼び名が変わります。

皆様、是非お彼岸中にお寺やお墓にお参りしましょう。

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP