【担当日誌】石の種類について

2019/12/28

お知らせ一覧

【担当日誌】石の種類について

平成から令和になって初めての年も残り数日になってまいりました。

 本年最後の更新となります。

 水口 施工部の長橋です。

 さて、今回はお墓に使用されている石についてのお話をしたいと思います。

最近は昔ながらの形に加えて様々な色や形のお墓が増えてきましたが、その中でも黒っぽい石、白っぽい石があることにはお気づきでしょうか?今回は特にその中でも白い石についてのお話をさせていただきたいと思います。

皆さまは一般的にお墓と言ってイメージされるのはどんな色でしょうか?やはり定番といえば灰色の石がイメージされるのではないでしょうか。といいますのも、昔から日本においてお墓づくりに利用されてきた石と最近使用されている石では違う種類の石が使用されています。

 昔から日本で多く利用されてきた石は主に白河石といわれる石です。この石が色として白っぽい灰色のような色である為にお墓の石の色=グレーっぽい色というイメージにつながったのではないでしょうか?

この白河石は墓石のほかにも昔のお城の石垣や灯篭などにも使用されてきた石です。現在も墓石として弊社で使用することもある本小松などの石と同じ安山岩という種類の石になります。この石は今主流になっている御影石などよりも柔らかく切削加工などがしやすいという特徴があります。といいますのも今でこそ石の加工は機械で加工をしていくのですが、そんなものがなかった時代には、一つ一つ職人の手によって加工されてきました。ですので、あまり硬すぎると加工しずらかったという事情があります。

 そんな白河石ですが、現在では弊社はじめ墓石の石として利用するところは少なくなっております。白河石は切削加工はしやすいのですが、御影石と比較すると吸水率が高いという特徴があります。この吸水率というのは石が水などを吸収しやすいかどうかと考えていただければと思います。つまり、吸水率が高い=水が染み込んでいきやすいということになります。お墓ですから納骨堂などを除けば当然外にあるものになります。外にあると雨などにも打たれますので、そういったものを吸収していくと苔が生えたり、カビのような汚れにもつながっていきます。これは御影石であれば全くないのかと言われればそうではないのですが、白河石などの安山岩に比べると汚れにくさは違ってきます。

さて、現在主流になっているのは先にもお話ししました御影石という石になります。この御影石は元々は兵庫県の神戸市の辺りにあった御影村というところで産出された花崗岩のことを指していたのですが、現在では花崗岩全体を指して御影石と呼ぶようになっています。

 花崗岩全体を御影石と呼ぶというのは先にお伝えした通りですが、加工技術が発達した現代においては安山岩よりも硬く、吸水率なども低い花崗岩へと主流が変遷しました。

その中でも白系統の色の石は最もよく使われる色系統といえるのではないのでしょうか。その中で一部をご紹介させていただきますと、

G623と呼ばれているような石などは中国産の石ですがお墓の外柵などに最もよく使われるというほど一般的な石になっています。原産地が中国の福建省であり、人件費、輸送費などを含めてもコストを安く抑えることができることから中国産としては最大の輸入量を誇ります。

さらにインド銀河というインド産の石なども人気のある石の種類です。

インド産の石は全般的に吸水率が低く、錆びや変色などがしにくいという特徴がありますので、お墓を長く持たせていくことができます。和型のお墓などを立てる方で選ばれる方が多いようです。

一方国産に目を向けると上記の石よりも値段はしますが、日本で最も白い御影石のイメージとしては強い稲田石なども墓石石材としてございます。この稲田石が利用され始めたのは古く江戸時代から石材として利用されてきました。明治神宮や、最高裁判所などの建築物にも使用されるなど国産の御影石の代表格であるともいえます。 

そして、国産の、そして世界の石の中でも最高峰といわれるのが庵治石です。この庵治石は四国の香川県高松市の北東部にあります庵治町というところの半島にて採掘できる石です。「花崗岩のダイヤモンド」などという呼ばれ方をする庵治石ですが、その理由は墓石などに利用できるのが非常に僅かであるということです。一つの大きな塊を切り出したとしてもその中の僅か3~5%程度しか実際に利用できる部分はありません。さらに庵治石は硬度が高く細かい細工にも向いているのですが、その硬度ゆえに加工には高い技術を必要とする為にそのことがさらに石としての価格を釣り上げています。

 上記に紹介いたしました石以外にも弊社では様々な種類の石をご用意させていただくことが可能です

もし、現在のご自分のお墓がどのような石が使われていて、お墓がどういった状態であるのかなどが気になった方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご相談ください

 弊社はお墓の点検を無料で行わせていただいておりますので、どういった点検をしているかにつきましては以前の記事に記載しておりますので、そちらもご参照いただければと思います。

 今年一年お世話になりました方々誠にありがとうございました。

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

◆―――――――――――――――――――――――――――――◇

     昭和9年創業(石の水口)株 式 会 社 水 口

本社 :〒210-0837 川崎市川崎区渡田3-2-16

藤崎事業所:〒210-0804 川崎市川崎区藤崎4-8-11

品川営業所(品川区)、砂子営業所(川崎区)、下溝営業所(相模原市)

フリーダイヤル:0120-14-3748(首都圏のみ)

TEL(代表):044-333-5678 FAX:044-333-7997
E-mail: eien@mizuguchi.co.jp URL:https://www.mizuguchi.co.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――◆

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP