【担当日誌】納骨について

2019/11/16

お知らせ一覧

【担当日誌】納骨について

気温も下がりだし、冬の訪れを感じさせる寒い日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、納骨について当日までの流れとよくいただくお問い合わせ内容についてご案内いたします。

まず、納骨の流れですが当社に依頼のご連絡を頂きお客様のご情報をお伺いします。
(ご連絡先・お墓の場所・ご彫刻なさるか等)

その後一週間以内に当社の担当の者からお客様にご連絡差し上げます。

担当からはお客様のご情報、カロート(お骨を納める場所)の開封
・お墓の点検依頼を頂戴する確認を取らせていただきます。
※カロート内の確認は納骨の際にお骨を納めるスペースまたはお骨の状態を確認する大切な作業となっております。

点検のご依頼をいただきましたら、実際にお墓へ伺いカロート内の確認や墓所の点検・清掃を行い、その後結果をご報告いたします。

点検結果によってはメンテナンス等をおすすめさせていただく場合がございますが必ずしもやらなければならないということではありませんのでご安心下さい。

当社の者から強制することもございません。

 

納骨や彫刻作業のみの時は原稿や受注書をお送りしてご記入・捺印の上ご返送いただきメンテナンスをご依頼いただいた場合には詳しい内容や説明をさせていたただく為、ご来社日またはご自宅にお伺いさせていただく日程を決めさせていただきます。

日程が決まりましたら、実際にお会いしメンテナンス内容の確認をさせていただき受注書の取り交わしをさせていただきます。

 

ここまでが納骨のご依頼をいただいてから納骨日当日までの大まかな流れになります。

 

点検を行わない場合や今回はメンテナンスは考えていないというお客様も、まずはご相談からでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

最後に、お客様からよくいただく質問について簡単にまとめさせていただきました。

Q:納骨の際の持ち物はありますか?

A:お寺様によって異なりますので、お寺様にご確認ください。

基本的には・お線香・お花・埋葬許可書及びご遺骨・お布施
・お供え物等になります。

 

Q:カロート内が一杯になってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

A:粉骨をした後、想承という特別な容器に納めることができ、
一つの想承に対して4体分の粉骨したご遺骨を納められます。

(骨壺が5つ入る墓所の場合、最大20体分のご遺骨を納めることが可能です。)

くわしくはこちら

 

Q:お墓の汚れの原因と対処法知りたい。

A:お墓参りをした際に、お墓にお水をかけてお掃除をされる方が多いと思うのですが水道水に含まれているカルキなどが沈殿し白くなってしまったりほこりが溜まってしまう場合があるのでかけた後はタオル等で拭き上げていただくと綺麗な状態を保つことができます。

汚れにつてはこちら

こちらの質問以外にもご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP