お墓の移転・お引越し|納骨・彫刻・その他

お墓の移転・お引越し

『お墓のお引越し』とは一旦埋葬したお墓を他の墓地に移すことで、『改葬』と言います。

「お墓を引越しする事は許されるのか?」とお悩みになり、ご相談をいただくケースは数多くあります。
『改葬』は問題なく【可能】です。

【改葬の理由の一例】

  • 転居に伴い、お墓も一緒に移転したい。
  • お墓が遠くて管理が大変なので、住まいの近くに移したい。
  • 宗派を変更したため、他墓所への引越しする必要がある。
  • お墓を守ってくれる家族や親戚が将来的にいなくなる/いなくなった。

【改葬の流れ】

改葬は以下のように進めます。

  • 新しい墓地を決める
  • 改葬手続き(各種事務手続き)
  • 納骨の時期に合わせて建墓工事契約をする
  • 既存のお墓の手続き
  • お寺様で「魂抜き」の儀式
  • ご遺骨を受け取る(土葬をしていた場合は火葬の必要があります)
  • 新しいお墓の完成
  • 新しいお墓に納骨をする
  • 開眼・納骨供養を行う

【改葬の具体的な事務手続きは?】

  • 新しい墓地を決める
  • 新しい墓地の管理者から「受入証明書」を発行してもらう
  • 現在遺骨を埋葬してある墓地の管理者に「埋葬証明書」を発行してもらう
    (決まった書式はありませんが、その墓地に埋葬されている遺骨の氏名、
    墓地の使用者、墓地の管理者の署名・押印があるもの)
  • 現在遺骨を埋葬してある墓地の管理者から「改葬許可申請書」に署名と捺印をもらう
  • 現在お墓がある市町村役所に「受入証明書」「埋葬証明書」「改葬許可申請書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらう
お墓のご相談・ご質問はお気軽に!お墓のご相談・ご質問はお気軽に!
PAGE TOPPAGE TOP